脂肪太りさんはダイエットを「続ける」意識を持つことが重要 | 東京の脚やせエステまとめ。理想の美脚になるために
大阪のおすすめプリスクール10選

脂肪太りさんは「歩き方の意識改善」でホッソリ!

脂肪太りさんは「歩き方の意識改善」でホッソリ!

脂肪太りタイプの特徴と原因は?

脂肪太りタイプの特徴は、全身に脂肪がついていること。上半身ではお腹や二の腕にもたっぷり脂肪がついているはずです。脂肪太りタイプの傾向としては食べることが好きで、天ぷらや焼き肉など油っこいものをご飯と一緒にしっかり食べ、食後にはスイーツを必ず食べる、そして必要最低限の動きしかせず、すぐに横になってゴロゴロするのが大好きです。ダイエットなんて遠い昔に諦めている人も多いかもしれません。

ではなぜ脂肪太りをしてしまうかというと、水太りタイプのように隠れた背景がある訳ではなく、食べ過ぎ&運動不足という行動パターンがそのまま原因となって起こっています。

食べ過ぎ(カロリー摂取過多)

なぜ食べ過ぎるのかというと、食べるのが速いため満腹中枢が刺激されるまでの間に大量に食べてしまうという人が多いようです。そして食べる量が多いと胃が大きくなるため恒常的にたくさん食べてしまい、満腹になるまで落ち着かなくなってしまいます。また、ストレスが原因で食べてしまう場合もあるでしょう。

運動不足

食べ過ぎで脂肪がたくさんついている人は、ちょっと動くだけでも億劫です。家のなかを急いで玄関まで歩いただけで息が切れるという人もいるでしょう。そうなると階段は絶対に使わない、少しの距離でもタクシーに乗る、用事があるとき以外は寝転んでいる、といった風にどんどん動かなくなります。運動なんてもってのほかで、これによってさらに脂肪がつき、ますます動かなくなるという悪循環が起こります。

脂肪太りタイプが痩せる方法

脂肪太りは、水太りタイプと比較するとずっと簡単に痩せられます。脂肪太りの2大原因である食べ過ぎ運動不足を解消すればいいのです。

バランスのよい食事を摂る

ダイエットを始めると少しでも早く結果を出したいために、食品の種類を1つに絞ったり、夕食を抜いてみたり、と極端な方法に走りがちですが、まずは毎日3食バランスよく食べるよう心がけてみましょう。

間食をやめ、食事は一汁三菜を目指して3食しっかり食べます。パスタだけ、うどんだけ、ハンバーガーだけ、といったような1品料理や脂っこいもの、つまり糖質と脂質はできるだけ控え、野菜やたんぱく質を摂るよう心がけましょう。これを1ヶ月続けるだけで効果が実感できるはずです。

2. 適度な運動を継続して行う

こちらも同じように急にハードな運動をして効果を狙っても、辛すぎて必ず三日坊主で終わってしまいます。また、脂肪がたくさんついた状態で急激にハードな運動をすると心臓に負担がかかるので注意しましょう。まずは続けることを最優先に、食後に動くことから始めてみてください。最初はマッサージをするだけでも十分です。

3. 痩身エステを利用する

食事制限も適度な運動もこれまでできなかった理由があるわけですから、いくら固く決心してもなかなか続けられないのが現実です。

そんなときは、エステの力を借りるのも一つの手です。痩身に特化した機器&手技によって、痩せやすい体質に導いてくれるので、食事制限や運動の効果を実感しやすくなります。

また、エステではあなたの体型を管理して理想の体型への道筋を示してくれるので、「意思が弱くてひとりでは続けられない」という方でも安心です。

そのほか、決して安いとは言えないエステは、逃げ道を断つことにも繋がります。途中で諦めたら、エステにかけた費用が無駄になるからです。

注意したいのが「リバウンド」

ダイエットや脚やせを少しでも試みたことがある人は「リバウンド」という言葉を聞いたことがあると思います。そもそも脂っこいものや白飯、パスタ、ハンバーガー、焼き肉などが大好きで、運動が大嫌いな脂肪太りタイプにとって、バランスのよい食事を3食、そして食後は必ず少しでも体を動かす、というこの2点を守ることが相当なストレスになることは間違いありません。

このストレスが大きすぎると、あるとき我慢していたものが爆発して一気に食べてしまい、ダイエットを始める前よりも太ることがあります。これがリバウンドです。

リバウンドをしないためにはストレスを溜めすぎないことが重要です。毎日体重を量る、食べたものを書き記すなどして、楽しみの1つにできるといいですね。そしてどうしても食べたいとき、動きたくないときは1日くらい欲望に従ってもいいでしょう。ただし、その際は別の日に埋め合わせるように心がけましょう。

脚やせエステのオススメ10選(東京編)

ページのトップへ