むくみ解消のマッサージ方法 | 東京の脚やせエステまとめ。理想の美脚になるために
大阪のおすすめプリスクール10選

むくみ解消のマッサージ方法

たくさん歩いて疲れた日、足がパンパンでつらいとき、時間に余裕があるときには自宅でマッサージをしてみませんか?終わったあとは足がスッキリして気分が良いですよ。やり方と順序をまとめましたので、ご活用くださいね。(目安時間:5分)

むくみを解消するマッサージ

むくみを解消するマッサージ
  1. 太ももの付け根をマッサージ
    少しお行儀が悪いですが、あぐらをかくような感じで床に座ります。両手のひらを使って、太ももの付け根の部分にゆっくりと体重をかけていきます。
  2. 膝から足へ向かってマッサージ
    膝を軽く曲げた状態で床に座ります。両手のひらを使って、膝から太ももの付け根に向かってゆっくりと流していきます。膝裏、左側、右側、膝表と4回にわけて行ってください。
  3. 膝裏から付け根に向けてマッサージ
    膝の裏にあるくぼんでいる部分に指を4本当てて、上に向かうように流していきます。次に、膝の上から付け根にかけても同じように流していきます。膝裏は痛い方が多いと思いますので、力加減はゆるめに行ってくださいね。
  4. 足首から膝の裏側までマッサージ
    足首から膝の裏までゆっくりと優しく流していきます。両手のひらをうまく使ってください。あくまで優しく行うのがポイントです。
  5. 足首~足先をマッサージ
    あぐらの状態で座り、片方の足をもう片方の太ももにのせ、足首を軽く回しましょう。そのあと、足の甲と裏をつま先から丁寧に流していきます。最後に足の親指の裏側をじんわりと押して終了です。
ポイント!お風呂上がりのタイミングがベスト
ここまでで約5分なので、お風呂上りなどにちょうど良いと思います。効果を実感させるには、必ず温まった状態でマッサージをすることがポイントです。痛みがストレスに変わってしまう場合もあるので、痛いと思ったら少し圧を下げたりして調整しながら行ってください。

むくみ解消マッサージの注意点

むくみ解消マッサージをする際の注意点を5点ご紹介します。

  • 入浴後またはマッサージする箇所が温まった状態で行うこと
  • 痛みを感じたら、心地よい程度の圧にしてストレスのないように行うこと
  • 流す方向を確認しながら間違わないように行うこと
  • お酒を飲んだあとは行わないこと
  • 体調が優れないときは行わないこと

とにかく無理はしないこと、自分が快適だと思う程度で行うことが大切です。

血管とリンパ管のイメージ

人の体の中には血管と、リンパ液が流れていくリンパ管が、クモの巣のように網状なって全身に存在しています。リンパ節というワードもよく見たり聞いたりすると思いますが、これはリンパ管が合流する部分のことを指しています。

リンパ管は鎖骨上、脇下、ひじ裏、へそ下、太ももの付け根、膝裏にあります。ここを流していくことで、リンパの流れがスムーズになり、むくみも解消されていきます。

リンパ液は鎖骨上からスタートして、どんどん下に向かっていくイメージで流れていき、最後は心臓がある上部へ戻っていきます。マッサージをするときも、この流れに沿って行っていくと効果的です。

脚やせエステのオススメ10選(東京編)

ページのトップへ