【お尻痩せ】したい方にオススメ!今すぐできるたった2つのコツ | エステ初心者必見!おすすめの脚痩せエステ【東京編】
大阪のおすすめプリスクール10選
ランキング第1位 フォーレディ
フォーレディ
脚痩せに特化した専門サロン。ハンドとマシーンを組み合わせ、頑固なセルライトも一掃。
公式サイトはこちら
ランキング第2位 bloom
bloom
最新機器の導入率の高さが特徴。スタッフの研修にも余念がない。
公式サイトはこちら
ランキング第3位 ミスパリ
ミスパリ
全国展開する大手エステサロン。幅広いメニューで一人ひとりのニーズに応える。
公式サイトはこちら

【お尻痩せ】したい方にオススメ!今すぐできるたった2つのコツ

日本人は、欧米人に比べて後ろ姿への美意識が低いと言われています。前からだけでなく、後ろから見ても美しい姿をつくるには、キュッと引き締まって上向きなお尻が欠かせません。お尻が重力に負けずに引き締まって上がることで、脚長効果もあります。痩せて小さくするというよりは、引き締めて上にあげるイメージで、お尻のトレーニングに取り組みましょう。

他の部位がそうであるように、お尻も鍛えることでキュッと締まった美尻になることができます。とはいえお尻ってどうやって鍛えればいいの?って思いますよね。ここでは、日常ですぐに取り組めるたった2つのコツをご紹介します。それは、日常生活の歩き方と座り方の2つに気をつけることです。

歩き方で痩せる

歩き方で痩せる

歩くことは、それ自体が有酸素運動になるので、下半身全体のダイエットに効果的です。さらに体に大きな負担なく、血液循環を良くしてくれるので、健康にとっても良い習慣なのです。しかし、お尻をキュッと引き締めたいのであれば、そのウォーキングに一手間加えて、周りに差をつけましょう。

お尻の穴を締めて歩く

単純明快ですね。「お尻の穴を締める」だけです。コツとしては、お尻自体を硬くするのではなく、お尻のほっぺは柔らかいままでお尻の穴だけを締めるように意識してください。おへそで引っ張るイメージで、背筋を伸ばすとうまく出来ます。

どこでもできることなので、通勤・通学のときだけなど、思いついたときに積極的に取り組んでみてくださいね!インナーマッスルが鍛えられるので、ヒップアップに効果的です。

ヒザを伸ばして歩幅を広げる

お尻の筋肉は、ヒザを伸ばして歩幅を広げることで鍛えられます。脚を前に出した時、ヒザが伸びていることで、脚にかたよった筋肉をつけることなく、お尻の筋肉をうまく使って歩くことが出来るんです。いつもより1.5~2倍の歩幅を意識して、さっそうと歩いてみるとお尻を使っている実感があると思います。

また階段を上る際には、一段飛ばしにすることで鍛えられますよ。

座り方で痩せ

座り方で痩せ

特に長時間座っていることが多い人は、座り方を変えることが、ヒップアップにつながります。猫背や反り腰になっている方は、美しい座り姿へ変えて雰囲気もお尻もスタイルアップしていきましょう。

背筋を伸ばして背もたれを使わない

猫背は楽なようですが、体全体に歪みなどの悪影響を及ぼします。歪みは、血液循環を悪くするので、ダイエットにも悪影響です。もちろんお尻も同様です。猫背で座ることで坐骨が圧迫されて広がり、骨格から大きいお尻になってしまいます。耳・肩・坐骨のラインが地面に対して垂直に なるように座れればOK。

はじめは背もたれを使わず、自力で体を支えるのは疲れるかもしれませんが、本来は最も体に負担なく座れる姿勢なので、慣れるまで頑張ってみましょう。肩こりや冷え性も治るかもしれませんよ。

ひざを意識してくっつける

「太ももを細くする方法」でもご紹介しましたが、座っているときにヒザをくっつけることはお尻痩せにも効果が期待できます。やってもらえばわかるとおもいますが、かなりキツイですよね。
内腿(うちもも)に負担がかかるように感じますが、お尻にも効果抜群です。背筋を伸ばしながらもできることなので、合わせて取り組んでみましょう!

いつでもできる、と思うとやらなくなってしまうので、回数や取り組む時間を決めて週間習慣にすると続けやすいですよ。

まとめ

まとめ

お尻痩せの方法をご紹介しましたが、結構続けるのって大変なんですよね。。
もし「夏までに」「同窓会までに」「結婚式までに」お尻痩せしたいけどもう間に合わない・・・!という状況になってしまったら、エステに頼るのもひとつの手です。

これだけエステが増えているのはそれだけやる人がいるからで、それだけやる人がいるというのは効果が出ているからです。

当サイトでは、信頼できるエステだけをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!ご紹介したお尻痩せトレーニングも一緒にやれば、理想のお尻にきっと近づけますよ♪

ページのトップへ