脚やせのための「正しい食事」とは? | 東京の脚やせエステまとめ。理想の美脚になるために
大阪のおすすめプリスクール10選

脚やせのための「正しい食事」とは?

脚やせのためには、食事を見直すことが重要です。でもそのためには、まず脚が太くなる原因について知っておく必要があります。ここでは、脚が太くなる原因別に意識すべき食事や摂るべき栄養についてまとめています。

脚が太くなる原因

脚が太くなる原因

脚が太くなる原因は、大きく脂肪太り、むくみ太り、筋肉太りに分類できます。

原因①脂肪太り

もともと体質的に脂肪の燃焼効率が悪く、消費される量以上に脂肪を摂取し、脂肪をため込んでしまっているのが原因です。運動不足や冷え性だと燃焼効率がより悪くなりさらに脂肪をため込んでしまい太ももが太くなります。 油っこい食事はさらに脂肪を増やす原因になるので、脂肪摂取は控えめにしましょう。

原因②むくみ太り(水太り)

むくみはいわゆる水太りといわれるものです。運動不足や冷え性、骨盤の歪みで血行不良が起こりリンパの流れが悪くなって老廃物がたまってしまうのが原因です。 血行やリンパの流れを悪くする塩分の取りすぎには注意が必要です。

原因③筋肉太り

筋肉と脂肪の体積を比較すると、同じ重さなら筋肉のほうが約20%も小さくなるため、筋肉をつけると体重が変わらなくても見た目がスリムになります。

しかし、過去の筋肉が落ちないままに食生活が乱れると、筋肉の隙間に脂肪がついて「霜降り肉」のような状態になってしまいます。この隙間に入り込んだ脂肪によって体積が増えた状態を筋肉太りといいます。

原因別!脚やせのために意識したい食事とは

原因別!脚やせのために意識したい食事とは

①脂肪太り

脂肪自体を減らし、筋肉を作って代謝や血行を改善し、脂肪を貯めにくいからだにすることが脚やせへの近道です。

脂肪を減らす
炭水化物、油っこい肉、甘いものをできるだけ控えた食事にして脂肪を減らします。
筋肉を作る
良質なタンパク質(魚、赤身の肉、大豆など)を摂って筋肉を作りやすくします。
血行を良くする
体を温める食材(しょうが、豆類、根菜、味噌、ネギ、ほうじ茶など)を積極的に摂って血行をよくし脂肪燃焼作用をアップさせましょう。

②むくみ太り

むくみは血液やリンパの流れが滞って老廃物が溜まりやすくなっている状態です。むくみの原因である塩分の摂りすぎに注意することが重要なポイントです。

塩分の多い食べ物を控える
しょっぱいと感じるもの(梅干し、漬物など)はできるだけ控えるようにしましょう。ハムやベーコン、ウィンナーなどの加工食品やラーメン、ファーストフードなど味が濃いものも塩分が多い食事です。
体内の余分な塩分を排出するカリウムを摂る
カリウムが多く含まれた食材(干し昆布、乾燥わかめ、ひじき、夏みかんなど)を摂取します。ドライフルーツは成分が凝縮されているので効果が高いのですが、糖分が多いので摂りすぎに注意しましょう。
カフェインを摂りすぎない
カフェインの利尿作用はむくみに効果的なカリウムまで排出してしまいます。またホルモンバランスが乱れて血行不良や冷え性を引き起こします。カフェインの多い飲み物はコーヒー以外にも玉露、緑茶、紅茶、烏龍茶などがあります。

③筋肉太り

余分な筋肉が肥大化している筋肉太りは筋肉をやわらかくして、大きくならないようにすることが解消の秘訣です。

クエン酸で筋肉を柔らかくする
クエン酸が多く含まれている食材はレモン、梅干し、イチゴなどがあります。これらは老廃物をためにくくする効果もあります。
タンパク質の摂取量を意識する
タンパク質は筋肉の主要成分ですが、普段よく食べるものにも多く含まれるため摂取量に気をつける必要があります。成人女性の1日あたりの推奨摂取量は50gですが、普通に食事をしているとあっという間にオーバーしてしまいます。
「日本食品標準成分表」などを参考にしてタンパク質量をチェックしてみてくださいね
check!

脚やせ専門エステの「フォーレディなら、DNA検査によってあなたの肥満遺伝子を調べ、太りやすい原因を特定してくれます!税込1,980円だけで試せる体験コースでも検査してもらえるので、「努力してるのに脚が痩せない・・・」という方は試してみる価値はありますよ。
もちろん脚やせ技術も高いので、食事改善だけではどうしようもない凸凹セルライトもやっつけることができます!

脚やせをサポートする栄養成分

  • クマリン

    クマリン

    マメ科の植物であるメリロートや明日葉などに含まれる成分「クマリン」には、血液をサラサラにして血行をよくしたり血栓を防止したりする作用があります。 明日葉茶、シナモンなど

  • ポリフェノール

    ポリフェノール

    活性酸素を体から取り除く抗酸化作用や抗菌作用があり、血行促進、体脂肪の減少に働きかける作用もあります。 赤ワイン、チョコレートなど

  • カリウム

    カリウム

    体内の水分量を適度に保つ、体内の酸とアルカリの平衡を維持する、過剰に摂取したナトリウムを体外に排出するなど、様々な作用があります。 アボカド、納豆など

  • シトルリン

    シトルリン

    NO(一酸化窒素)の生成を促すことで血管を広げ、血流をよくする作用があり、酸素や栄養素を体の隅々まで届けるのに役立ちます。 スイカ、メロンなど

  • ビタミン

    ビタミン

    ビタミンAには免疫を守る作用、ビタミンC・Eには抗酸化作用、ビタミンDには骨の形成を支える作用があります。また、ビタミンB1には糖分をエネルギーに変える作用があり、B2にはその働きを守る作用があります。そしてビタミンB6は食事からたんぱく質を再合成して成長を促し、B12は赤血球の生成を促します。 レバー(ビタミンA、ビタミンB2)、ピーマン(ビタミンC)、ナッツ(ビタミンE)、豚ヒレ肉(ビタミンB1)、まぐろ・にんにく(ビタミンB6)、しじみ・あかがい(ビタミンB12)など

  • ミネラル

    ミネラル

    免疫力をアップさせ、血液を健康にする働きがあるほか、筋肉の動きをスムーズにしたり、精神状態を安定させたり、肉体疲労を解消したり、脳を活性化したりするなど、様々な血行効果があります。 きのこ、小魚など

  • 乳酸菌

    乳酸菌

    全身の免疫細胞のうち60〜70%が集中している腸内環境を整え、便通の改善や免疫力アップを促します。 ヨーグルト、牛乳など

ページのトップへ