脚やせエステの注意点 | 東京の脚やせエステまとめ。理想の美脚になるために
大阪のおすすめプリスクール10選

脚やせエステの注意点

エステ初心者の方であれば、なにがわからないのかがわからない、といった状況の方が多いと思います。そこで、エステに通う際に事前に抑えておきたいポイントをいくつかまとめてみましたので、参考になさってください。

エステに行く前に体調を万全にしておこう

エステに行く前に体調を万全にしておこう

エステは強い圧をかけたり体の芯に高周波を当てたりと、日常生活ではあまり馴染みの無い負荷をかけていくために、体調を崩してしまう方も中には居るようです。

たとえば「もみ返し」という言葉がありますが、こちらはマッサージなどで普段使っていない部位を強くほぐしたり流したりすることで筋繊維がダメージを受け、倦怠感痛みを感じる場合があります。

もみ返しは筋肉痛と似た状態で、数日経てば自然と治まってきますし、その過程で体質が改善されていきます。しかし、風邪や生理中などホルモンバランスが乱れている状態でもみ返しが起きると免疫力が下がり体調が悪化する可能性があるので、事前に店舗に確認しておいた方がいいでしょう。

脚やせエステ前日から当日まで禁酒

エステでは、ハンド・機材どちらの施術の場合でも、当日や前日の飲酒を控えるようにと言われるケースが多いです。

なぜなら、エステでは普段使われない筋肉などを動かして、血流を良くして体質改善していくため、お酒が回りやすく体調が悪くなってしまうことがあるからです。

具体的には、頭痛や吐き気、めまいなどの軽微な症状から、急性アルコール中毒につながる可能性もあります。
そのほか、アルコールによる血管拡張作用によって揉み返しが起こりやすくなるため、翌日に体のだるさが残ることもあります。

エステのパフォーマンスを最大限に享受するために、前日からはもちろん、当日の施術後もお酒を控えるようにしましょう。

妊娠中はエステに通えない?

妊娠中は、食事や生活にいくつもの制限がかかります。エステも同様で、その種類によっては妊娠中は出来ないものがあります。妊娠中に出来ないエステは以下のとおりです。

  • 痩身エステ
  • 脱毛
  • マシン使用のフェイシャルエステ
  • 足つぼマッサージ

基本的にマシンを使用した、体の内部まで効果がある施術は、妊娠中は受けることができません。足つぼマッサージは良いように思いますが、かなり痛みを伴うこともあるため、いきんだりして体に負担になってしまうことを考えると、受けないほうがいいでしょう。

逆に、オールハンドでのフェイシャルマッサージやフットマッサージであれば、リラックス効果もありますし、妊娠中でも受けることが出来ます。その際は、アロマの香りで気分が悪くなってしまう可能性がありますので、サロンに十分相談してから、施術を受けるようにしてください。

店舗の特徴を確認

店舗の特徴を確認

エステで意外と満足度に差が出るのは、内装の快適さや雰囲気、そしてアメニティなどのアイテムの充実度です。内装の快適さや雰囲気に関して言うと、たとえば完全個室なのか簡易的な仕切りだけなのかといった違いや、個室だとしても施術のスペースは広くとってあるのかなどは気になる方が多いようです。

空間が狭ければ、たとえば施術中に機械が壁に当たり音が気になることもありますし、そもそもゆっくりとくつろぐことができませんよね。また、サロンによってはタオルを今治タオルのみ使用する店舗もあります。そういうこまかな配慮を行っているサロンは、利用者が快適に過ごせるような気遣いが行き届いているので、ストレスなくエステの時間を過ごせるでしょう。

強引な勧誘にはどう対応すべきか

強引な勧誘にはどう対応すべきか

プロのエステティシャンは技術だけでなく営業トークも一流です。そのため、「お金がない」「夫に相談しなきゃ」といったあなたが考えられるような断り文句を言いくるめる方法を何通りも用意しています

そのため、断るときはあえて理由を明確にせず断りましょう。そうすることでエステティシャンが言いくるめる隙を与えません。

もちろんそんな返事で満足できるエステティシャンはいないので、何度も勧誘してくると思います。それでもかたくなに理由を明確にせず断り続けることで最後には諦めてくれるでしょう。

「こいつ、言葉が通じない・・・!」ぐらいに思われてちょうどいいのです。

脚やせエステのオススメ10選(東京編)

ページのトップへ