エステの注意点 | エステ初心者必見!おすすめの脚痩せエステ【東京編】
大阪のおすすめプリスクール10選
ランキング第1位 フォーレディ
フォーレディ
脚痩せに特化した専門サロン。ハンドとマシーンを組み合わせ、頑固なセルライトも一掃。
公式サイトはこちら
ランキング第2位 bloom
bloom
最新機器の導入率の高さが特徴。スタッフの研修にも余念がない。
公式サイトはこちら
ランキング第3位 ミスパリ
ミスパリ
全国展開する大手エステサロン。幅広いメニューで一人ひとりのニーズに応える。
公式サイトはこちら

エステの注意点

エステ初心者の方であれば、なにがわからないのかがわからない、といった状況の方が多いと思います。そこで、エステに通う際に事前に抑えておきたいポイントをいくつかまとめてみましたので、参考になさってください。

エステに行く前に体調を万全にしておこう

エステに行く前に体調を万全にしておこう

エステは強い圧をかけたり体の芯に高周波を当てたりと、日常生活ではあまり馴染みの無い負荷をかけていくために、体調を崩してしまう方も中には居るようです。たとえば「もみ返し」という言葉がありますが、こちらはマッサージなどで普段使っていない部位を強くほぐしたり流したりすることで筋繊維にダメージが起き、倦怠感や痛みを感じる場合があります。もみ返しは筋肉痛と似た状態で、数日経てば自然と治まってきますし、その過程で体質が改善されていくのですが、風邪や生理中などホルモンバランスが乱れている状態でもみ返しが起きると免疫が下がり体調が悪化する可能性があるので、事前に店舗に確認しておいた方がいいでしょう。

エステ前日から当日まで禁酒

エステでは、ハンド・機材どちらの施術の場合でも、当日や前日の飲酒を控えるようにと言われるケースが多いです。特に、当日にエステ直前まで飲んでいる場合は、施術を断られることもあります。なぜなら、エステでは普段使われない筋肉などを動かして、血流を良くして体質改善していくため、お酒が回りやすく体調が悪くなってしまうことがあるからです。

前日に体調を万全にしておくこと同様、お酒も控えておきましょう。これは、痩身エステに関わらず、脱毛エステでも同じです。脱毛の前後に飲酒をすると、気分が悪くなったり、皮膚が赤くなったり、かゆみが出てきたりする場合があります。エステの施術効果を高めるためには、当日・前日関わらず、エステの期間中はずっと禁酒するという美意識の高い女性も多いです。せっかく美しくなるためにお金を払って通うのですから、せめてエステの前日、当日くらいはお酒を我慢しましょう。

妊娠中はエステに通えない?

妊娠中は、食事や生活にいくつもの制限がかかります。エステも同様で、その種類によっては妊娠中は出来ないものがあります。妊娠中に出来ないエステは以下のとおりです。

  • 痩身エステ
  • 脱毛
  • マシン使用のフェイシャルエステ
  • 足つぼマッサージ

基本的にマシンを使用した、体の内部まで効果がある施術は、妊娠中は受けることができません。足つぼマッサージは良いように思いますが、かなり痛みを伴うこともあるため、いきんだりして体に負担になってしまうことを考えると、受けないほうがいいでしょう。

逆に、オールハンドでのフェイシャルマッサージやフットマッサージであれば、リラックス効果もありますし、妊娠中でも受けることが出来ます。その際は、アロマの香りで気分が悪くなってしまう可能性がありますので、サロンに十分相談してから、施術を受けるようにしてください。

店舗の特徴を確認

店舗の特徴を確認

エステで意外と満足度に差が出るのは、内装の快適さや雰囲気、そしてアメニティなどのアイテムの充実度です。内装の快適さや雰囲気に関して言うと、たとえば完全個室なのか簡易的な仕切りだけなのかといった違いや、個室だとしても施術のスペースは広くとってあるのかなどは気になる方が多いようです。

空間が狭ければ、たとえば施術中に機械が壁に当たり音が気になることもありますし、そもそもゆっくりとくつろぐことができませんよね。また、サロンによってはタオルを今治タオルのみ使用する店舗もあります。そういうこまかな配慮を行っているサロンをできるだけ選んでいきたいですね。

強引な勧誘にはどう対応すべきか

強引な勧誘にはどう対応すべきか

エステ初心者の方であれば、「エステは勧誘が強引なんじゃないか」「高額なコースを組まされるんじゃないか」「高級な化粧品を買わされるんじゃないか」など不安をお持ちの方が多いと思います。そのため、エステに行く前には自分のルールを決めておくことが大切です。一番分かりやすいところでいうと「予算」ですが、エステに行く前に「私のエステの予算は毎月いくら」と自分で決めておいたほうがいいです。そうしておくことで、高額なコースを強引に勧めてきたとしても、ハッキリと応対できるようになります。口コミをみると、そのサロンが勧誘がキツいかどうかなどもある程度は調べことができるので、事前に情報を集めてみるといいですね。

せっかく行ったサロンで施術に問題はなくても、勧誘がキツイことが嫌で、契約を断りたいこともありますよね。早く帰りたい…。そんなときのお断りの常套句は、「実は他のエステも予約していて、比較したいので契約できません。」ということです。嘘になるので気が引けますが、非常識な勧誘をしてきたスタッフにも問題があるので、その場を切り抜けるには、それくらい良いと思います。

この言葉を言うと、強引な勧誘でも今日はダメだと引き下がってくれます。今は契約出来ないということを、しっかり伝えることが重要です。それでも心配な場合は、サロンに入店したときから、次の予定があることを伝えておきましょう。時間になったら自然に帰ることが出来ますよ。

定額通い放題のサロンは予約が取れるか確認

定額通い放題のサロンは予約が取れるか確認

痩身などのコースでは少ないですが、たとえば脱毛のエステであれば後悔することが多いのは「予約が取れない」というトラブルです。脱毛は最低でも5~6回ほど受けなければ効果は出ませんので、コースを組むことが多いです。ただ、キャンペーン価格などに惹かれてコースを組んだのはいいものの、いざ通おうとすると自分の行きたいタイミングでの予約が取れないこともあるんです。

脱毛は、毛周期に即した施術タイミングが重要ですが、予約が取れなければ必要以上に何度も脱毛を受けなければならなくなります。効果が出ずに別のサロンへ通うことになって、結局は高くついてしまうというケースが絶えません。

脱毛に限らずですが、コースを組むことを検討されている場合は「次回予約はどのタイミングで取ることができるのか」「予約は取りやすいか」など先のことを考えてスタッフに確認しておいた方がいいです。

ページのトップへ